HOME > お知らせ > ガラッと!変わるリノベーション!古民家編 Vol.3

ガラッと!変わるリノベーション!古民家編 Vol.3

2019/03/30 | 一級建築士ブログ


床と壁の下地組が完了しました。

お施主様からのご要望で、
2階の足音等が1階に響く事や
上下階の話し声やTVの音が気になるとお聞きしておりました。

実際に床の構造を確認したところ
1階のリビングの天井が、2階の床下地の裏側と言う状況になっておりました。
1階のリビングは構造材の梁が表しになっており
非常に良い味わいとなっておりますので
新規に天井を組むのは避けたいとの事。

そこで、2階の床を最低限上げて、
水平の調整とともにポリスチレンフォーム断熱材を敷きこみました。
これにより断熱効果と防音効果を持たせることが出来ました。

壁につきましても、建築時は真壁と言われる柱が露出し
壁は土塗りのコマイ壁でしたので、
既存の壁を崩さずに、室内側にポリスチレンフォーム断熱材を隙間なく張り込みました。

床や壁の仕上げ材を施工すると見えなくなってしまう部分ですが
そういう部分こそ、手を抜かずに工夫して施工する事により
施工後の快適性に大きな差が生まれます。

リフォームの匠では、今までの経験を活かした快適な住まいづくりをご提案しています。
古い家だからと諦めずに、私たちにご相談ください。

きっと、ご満足いただける快適なご提案をさしあげます。

(C)2018 SAKAMOTO TAKUMI All Right Reserved.

pagetop