HOME > お知らせ > 阪神淡路大震災から25年

阪神淡路大震災から25年

2020/01/17 | 一級建築士ブログ


平成7年1月17日5時46分

兵庫県淡路島近くを震源としたマグニチュード7.3の地震が発生しました。

後に平成7年兵庫県南部地震と気象庁が命名した大災害です。

犠牲となりお亡くなりになられた方が6,300人強

建物の倒壊や、その後の火災により被害が大きくなったと言われています。

当時は気象庁の震度も6までしか無く

後の改定により震度7が設定され

この地震も地域によっては震度7相当と言われています。

 

建物の最低基準を定めているのが建築基準法になります。

この地震を受けて平成12年6月に改正となりました。

木造住宅の耐震性の大きな境目はこの改正と

その前の昭和56年6月の改正になります。

特に昭和56年以前に建てられた木造住宅は

耐震性が低いと考えられます。

リフォームを検討される場合は

耐震性の向上をご検討ください。

 

安心で快適な暮らしができるように

わたしたち「リフォームの匠」が

お手伝いさせていただきます。

(C)2018 SAKAMOTO TAKUMI All Right Reserved.

pagetop