HOME > リフォームメニュー > 屋根・外壁

屋根・外壁
WORKS(施工例)


既存S型陶器瓦から金属瓦SENATORへの葺き替え


既存S型瓦撤去中

既存S型瓦、既存防水紙撤去中

野地板補強、新規防水ルーフィング施工

本谷板金、新規SENATOR葺き施工

施工完了

既存S型陶器瓦から金属瓦SENATORへの葺き替え

参考価格:16,000円(税別)/m2(既存瓦撤去処分・野地補強・防水ルーフィング・屋根材)足場等付帯工事除く
工  期:約1週間(屋根工事のみ)
施工内容:天然石を特殊加工して表面材としているため耐候性が高く、天然石の凹凸の摩擦力により通常の降雪ならば雪止め不要となります。屋根材自体の重量も既存の陶器瓦に比べ、大幅に軽量化できるため家全体の耐震性能が向上します。
また、オプションの棟換気の施工により小屋裏の熱気を効率良く排出できるようになりました。


既存スレート屋根へ金属瓦「ガルテクト」重ね葺き


既存コロニアル葺き

既存棟板金、雪止め等金物撤去

新規防水ルーフィング施工

オプション工事の雪止め金物設置

施工完了

既存コロニアルへ金属瓦「ガルテクト」重ね葺き

参考価格:11,000円(税別)/m2(既存屋根金物撤去・防水ルーフィング・屋根材)足場等付帯工事除く
工  期:約4日間(屋根工事のみ)
施工内容:既存の劣化したスレート屋根を剥がさずに、既存屋根材の上から新規の防水ルーフィングを施工して金属瓦を重ね葺きする「カバー工法」です。既存瓦の処分費が発生しないため工事費を大幅に抑える事ができます。工期も短くでき、施工中の降雨にも対応がしやすい工法です。
屋根材自体の重量が軽量のため、重ね葺きによる重量増も問題ありません。
また、オプションの雪止め金具も一緒に施工することにより、後付けするよりも防水性が高くなります。


既存スレート屋根へ金属瓦「横暖ルーフ」重ね葺き


既存コロニアル葺き

既存棟板金、雪止め等金物撤去

新規防水ルーフィング施工

オプション工事の棟換気

施工完了

既存コロニアルへ金属瓦「横暖ルーフ」重ね葺き

参考価格:11,000円(税別)/m2(既存屋根金物撤去・防水ルーフィング・屋根材)足場等付帯工事除く
工  期:約4日間(屋根工事のみ)
施工内容:既存の劣化したスレート屋根を剥がさずに、既存屋根材の上から新規の防水ルーフィングを施工して金属瓦を重ね葺きする「カバー工法」です。既存瓦の処分費が発生しないため工事費を大幅に抑える事ができます。工期も短くでき、施工中の降雨にも対応がしやすい工法です。
屋根材自体の重量が軽量のため、重ね葺きによる重量増も問題ありません。
また、オプションの棟換気の施工により小屋裏の熱気を効率良く排出できるようになりました。

(C)2018 SAKAMOTO TAKUMI All Right Reserved.

pagetop