HOME > リフォームメニュー > トイレ・洗面所リフォーム

「水回りリフォーム」
WORKS(施工例)
川島町 U様

リフォーム工事概要

築年数が30年超えとなり、浴室の全体の痛みとトイレ・洗面室等の床板の劣化が気になるとのご相談を受けました。現状を確認させていただくと、浴室はタイル貼りの在来型の浴室で洗面室側の入り口部は床だけではなく建具枠の下部まで湿気を含んで劣化していました。浴室のみのご予定でしたが、洗面室の床の劣化もしている状況でしたので床の貼り替えと合わせて洗面化粧台の交換も御提案させていただきました。トイレも床板の劣化でフカフカした状態になっておりましたので、便器の交換時に床板を貼りかえるようにご提案しました。

お客様の要望

・浴室を快適なシステムバスにしたい
・各部の床の劣化が気になる。

浴室をシステムバスへ

建築時のままだったタイル貼りの浴室は、冬季にはとても寒いので断熱性能良いシステムバスと暖房付きの換気扇により、ヒートショックの起こりにくいようにしました。入り口の段差もかなりあったため、洗面室の床に合わせたバリアフリー化をし、洗面室側の入り口枠も樹脂製の傷みにくい物としました。実際に解体してみると以前の給湯配管の漏水や洗い場のタイル目地からの浸水により壁内部の下地材等に劣化が見受けられました。下地の補強等をしたうえで、システムバスを施工する事により壁内への湿気の浸入も無くなるため建物の劣化も予防できます。

洗面室

洗面室の床がたわむとの事でしたが、実際に床を解体してみると以前にも浴室入口前部分のみ補修工事がされていました。しかし、補修工事の方法が既存部との取り合いでしっかり固定されておらずたわみの原因になっておりました。今回の浴室の工事に伴い洗面室の床も浴室入口周辺は下地からやり直しました。洗面化粧台は既存の幅60cmからワンサイズ上の幅75cmの物で、3面鏡の中にも収納が出来るものです。下台も2段の引き出しタイプなので機能的で使いやすくなりました。

トイレ

便器の手前の床がフカフカしている状態でした。床の補強として既存の床の上にフロアー材を重ね貼りする御提案をいたしました。これに伴い便器も最新の節水タイプのウオシュレット一体型便器に交換します。建物内にトイレが1カ所のみのため、一日での工事が条件となりますので壁等は既存のままで無理のない内容のご提案をさせていただきました。

お客様の声

思っていたよりも本格的な工事でした。浴室からの湿気で周囲に痛みが出ていて驚きました。工事内容も工事前に説明してもらっていたので安心してお願いする事ができました。職人さんも良い方達で良かったです。工事後はどこもキレイになって、不安だった床も良くなりました。ありがとうございました。

(C)2018 SAKAMOTO TAKUMI All Right Reserved.

pagetop