HOME > リフォームメニュー > 増改築

間取り改修リフォーム「2世帯住宅へリフォーム」
WORKS(施工例)
鴻巣市 F様

リフォーム工事概要

お子様が独立され、ご夫婦お二人で住まわれていたお住まいを
息子様ご夫妻と孫娘様の3人と一緒に住まわれるようにしたいとご相談をお受けいたしました。
現場を確認させていただくと2階のホールが広く取られた間取りでしたので、
既存の洋室6畳間とホールの一部に間仕切り壁を変更し、一つのリビングとなるようにご提案いたしました。
その他にもお客様のご要望により、一緒にシステムキッチンやシステムバスの入れ替え、洗面化粧台とトイレの器具交換を施工予定させて頂きました。

2階リビング

階段を上がるとベランダへ通じる広いホールが有りました。
ホールから入る西側の洋室6畳間とホールとの間仕切り壁を取り払い、階段を登り切った左側へ入口ドアを新設しました。また、階段室が暗くならないように樹脂製枠の内窓を設置しました。
南側の広いベランダへ通じる掃き出し窓2カ所を含んだ広々とした明るいリビングとなりました。

LDK

システムキッチンの入れ替えに伴い、閉鎖的だったキッチンを流し上の吊戸棚を無くして開放的な対面キッチンをご提案させて頂きました。背面の収納部と西側のカウンター収納も入れ替えて吊戸棚の分の収納量を確保しました。

お客様の声

2階の間取りが驚くほど変わりました。使い勝手の悪かった広いホールが元の洋室と一つになって、
広くて明るいリビングになりました。クローゼットの扉も思い切って新しくして良かったです。
暗くなるかと思った階段室も提案してもらった室内窓を設けたことで解決できました。
1階のキッチンや浴室も最新の機器になり、とても快適に使えるようになりました。
色々なご提案をいただき、とても満足できるリフォームができました。

 

2階リビング(西)

元のホールと洋室を一体として明るく広いリビングとなりました。
奥のクローゼットもお客様の御要望で建具を交換しました。
天井まで届く大きな扉でとてもモダンになりました。

2階リビング(東)

リビングの入り口側です。元は階段の腰壁だった部分を間仕切り壁としたのでその部分に樹脂枠の内窓を御提案しました。
新規に設置したガラス入り建具と合わせて階段室が暗くならないようにしました。

1階LDK

改修前のキッチンは吊戸棚があったため、キッチン部とダイニングスペースが仕切られているイメージでした。
システムキッチンの入れ替えに伴い、収納部も刷新したため収納量が増えたので思い切って吊戸棚無しのレイアウトを御提案しました。
ダイニングスペースとのつながり感が出て、炊事中でも家族とのコミュニケーションがとりやすくなりました。

キッチン

背面の食器棚と家電置場を兼ねたカウンターの下に分別用のごみ箱置場を設けました。
以前の使用機器等を確認してレイアウトご提案しましたので、効率良く作業が出来るようになりました。

浴室・洗面室

以前は入り口に段差の有るシステムバスでしたので、小さいお孫さんのためにもバリアフリーでお手入れのしやすい最新のシステムバスに入れ替えました。ヒートショックを起こさないように、暖房換気扇付きの断熱性の高いタイプです。洗面化粧台も二人で並んで使えるように幅90cmの物を選定しました。

(C)2018 SAKAMOTO TAKUMI All Right Reserved.

pagetop